親孝行はしたいと思ったときには親はいないと言いますが、本当ですね。また、高齢になると病気や足腰が弱くなって、一緒に出掛けることすら出来なくなるかもしれません。

 

その前に出来る限りの親孝行をしたいあなたに、親孝行のアイディアなどを具体的に紹介していきます。

 

照れくさくても出来る親孝行やお金が無くても喜んでもらえる親孝行アイディアなどを含めていくつかご紹介しますので、是非参考にして下さい。

絶対したい超オススメの親孝行アイディア!

親が生きているうちに絶対したい親孝行の具体例として、私がやって本当に良かった親孝行を一つ紹介します。これは、非常に良い親孝行アイディアだと自負しています。

ただ、母親限定になってしまうんですよね。

 

まあ、私は男で子どももいますが、男親ってそんなもんです(笑)

 

はい、どんなアイディアかというと、自分の誕生日に母親にプレゼントと手紙を送るです。

 

これは、子どもがいる人ならば、この意味が良く分かると思います。誕生日って、何だか自分が貰うことばかり考えている人が多いですが、この日って自分の母親が文字通り命を懸けて産んでくれた日なんですよね。

 

これは、子どもが出来ると奥さんの出産を通して男でも分かります。

 

そして、昔は今ほど医療も当然進んでいません。携帯もありませんしインターネットもありません。
情報も乏しいですし、さぞかし不安もあったと思います。

 

そんな中で自分を命を懸けて産んでくれた日なんですよね。

 

ということで、私は子どもが出来た年の自分の誕生日に母親に、高級なパジャマと手紙を送りました。
まあ、簡単な手紙でいいと思いますけどね。その辺りは自分でアレンジしてみてください。

 

手紙の例で言うと、

「〇〇年前の今日、お母さんが命を懸けて産んでくれたおかげで、幸せに生きていることが出来ます。
ありがとう。」

 

みたいな感じですね。

 

これは、本当に良いと思いますよ。結婚している人は、義母にも使えますね。

 

「〇〇年前の今日、お母さんが、命を懸けて〇〇さんを産んでくれたおかげで幸せに生きていることが出来ます。ありがとうございます。」

 

みたいな感じです。

 

これは、結構感動すると思います。実際、かなり喜んでもらえました。

 

ただ、お父さんが可愛そうなんですよね。(笑)

なので、もう一つ。親の結婚記念日を祝うというのがあります。

 

年齢的に結婚記念日を祝ってはいないと思います。ですので、それを子どもであるアナタが祝ってあげるのです。

 

これは、嬉しいと思います。

 

お祝いの仕方は、両親の好みに合わせてあげれば良いと思います。外食もいいですし、実家でゆっくりと写真でも見ながら家族団らんにするのも良いと思います。

 

このあたりは、本当に相手次第です。私の両親は外食よりも、慣れた家でゆっくりと家族団らんするのが好きなので、私の場合には家でやりました。

喜んでもらえる厳選した親孝行のプレゼントを紹介!

続いて定番の親孝行と言えばギフトですね。これも喜んでもらえるプレゼントを厳選してご紹介します。

これは、好みが分かれるところですので、相手の好みに合わせて送りたいところです。オススメのギフトを紹介します。

 

◆まごチャンネル
これは、子どもがいる人限定ですが、超オススメです。

親は孫の顔を頻繁に見たいですが、スマホやタブレットを持っていなかったりします。仮に持っていても、使いこなせていなかったり、スマホでは画面が小さくて写真が見づらかったりします。

 

まごチャンネルは、スマホで撮った写真をアプリで送るだけで、実家のテレビで簡単に見ることが出来ます。

 

両親は、実家のこたつに入りながらリモコンのボタンを押すだけで、テレビの大画面で孫の写真や動画を見ることが出来るので、本当に大喜びします。

 

詳しくは、下記記事で解説しています。

まごチャンネルの使い方や口コミ

 

◆温泉旅行

これは定番ですが、年を取ると本当に温泉が好きになります。身体も痛かったりしますので、ゆっくりと疲れる温泉は本当に良いです。

 

でも、高齢者にとっては温泉の予約を取るのも面倒に思う人も多いので、プレゼントしてあげればこれは喜びます。

一緒に行って車で連れていってあげるのが良いと思います。

 

◆現金
なんだかんだ現金は嬉しいものです。

ただ、お金をあげても受け取らない可能性もありますので、渡し方は考える必要がありますね。

 

お祝いやとしてや学費を返す、あの時借りていたお金を返すなど口実を付けてお金をあげると、貰った方は、また違った嬉しさがあります。

 

お金が無くても出来る親孝行は帰省や肩もみ

親孝行したいけどお金がない。。そんなあなたでも出来る親孝行を紹介します。

基本的に、両親は子供に何かして欲しいとは思っていません。

ただ、子どもや孫の元気な顔を見ることが一番嬉しいです。ですので、

頻繁に帰省する
会話をする
家で食事をする
肩もみをしてあげる

こういったことだけでも十分嬉しいはずです。

実家が遠い場合は、そもそも帰省するのが難しいですので、簡単な贈り物に手紙を書くなどでも十分喜んでもらえると思います。

 

照れくさくても出来る親孝行

照れくさくても出来る親孝行と言えば、プレゼントを送り付けるパターンが王道です。

 

一緒に住んでいると微妙ですが、実家を離れているならば、親の誕生日や母の日や父の比などにプレゼントを実家に送るだけですから、あまり照れくささもないはずです。

 

それすらも照れくさくて出来ないとなったら、することがなくなってしまいそうです。