年配の両親でも操作が簡単なデジタルフォトフレームは親孝行商品として良く探されています。

 

両親への親孝行として、旅行や贈り物などを実際にプレゼントしたことのある人も多いかと思いますが、実際どれくらい喜んでもらえているのかが分からないどころか、高齢者ってそういうものでは喜ばない傾向がありますよね。

 

それよりも、住み慣れた自分の家に孫を連れてきて欲しい、孫の顔が見たい、孫に何かしてあげたい、そういったことがおじいちゃんやおばあちゃんのニーズだったりします。

 

ここでは、そのニーズの解決方法の代替案として、高齢者でも簡単操作できるデジタルフォトフレームなどを紹介していきます。

 

※オススメのデジタルフォトフレームは下部に記載しています。その前に選び方の基準などを解説していますのでそちらを良く読んでから購入されることをオススメします。

 

デジタルフォトフレームに頻繁に写真を送るにはWi-Fi対応が必須

 

子どもの成長を見てもらうためにデジタルフォトフレームをプレゼントしたはいいけど、写真が更新されないというのではちょっとおじいちゃん、おばあちゃんも寂しいと思いますし、出来るだけ高頻度で写真を更新してあげたいですよね?

 

子どもの成長は早いですので、あっという間に大きくなります。

 

出来れば、月に1~2回、欲を言えば1週間に1回くらいは子どもの写真を送って孫の顔を見せて親孝行したいですよね?

 

で写真を送信するには、Wi-Fi対応のデジタルフォトフレームでないと難しいです。

 

Wi-Fi対応でないデジタルフォトフレームの場合には、主にSDカードなどでデータを入れます。ですので、写真を入れ込む操作をしてあげたりする必要も場合によってはあります。

 

とりあえず七五三の写真だけ入れ込めればいいなど、写真の更新頻度はそれほどなくても良いというのであれば、SDカードタイプのデジタルフォトフレームでも問題ないです。

 

子どもがまだ赤ちゃんだったり小さい場合には本当に成長が早いのでWi-Fi対応のデジタルフォトフレームで出来るだけ写真の更新をしてあげた方が、ご両親は喜ぶでしょう。

 

ただ、その場合には実家の両親の家にインターネット回線が通っていてWi-Fi環境である必要があります。

 

都内近郊であれば、ネットがつながっている高齢者の家も割と多いですが、田舎の場合にはインターネットと聞いただけで拒否反応が出る高齢者の方も少なくありません。

 

 

また、よくある話で、実家の祖父母に子どもの写真を毎日送るために、Wi-Fi設定をしてあげた上でタブレットを買ってあげたけれど見ないというものです。

 

老人になると、本当に新しいものに対して拒否反応が出てきます。新しいのジャンルの中でも、こういったデジタルと名の付くようなものは拒否反応が極めて強いです。

 

インターネット、パソコン、メール、LINE、Wi-Fi、モデム、スマホ、タブレットなどです。下手に触ると詐欺に巻き込まれるか心配なのか、単なる拒否反応なのかは分かりませんが、本当にとにかく触ろうとしない高齢者は多いです。

 

デジタルフォトフレームも同様です。

 

となると、せっかくおじいちゃん、おばあちゃんでも使えるデジタルフォトフレームをプレゼントしてあげたところで意味のないものになってしまいます。

 

デジタルフォトフレームとは若干異なるのですが、そんなお悩みを解決する商品が、実は最近登場しました。

 

この商品が凄いのは、

 

  • 実家のテレビが超簡単にデジタルフォトフレーム替わりになる
  • 操作が簡単なので高齢者でも使い方で迷わない
  • 大画面に孫の顔が映るので、おじいちゃん、おばあちゃんも喜ぶ
  • スマホからワンタッチで送信できるから毎日写真や動画が送れる

 

これだけ聞いて、凄いなと思いませんか?

 

 

孫の写真や動画をお茶の間でくつろぎながら、テレビで見ることが出来るのです。テレビのリモコンでポチっとつるだけで、孫が大画面で映像として映し出されます。

 

「おじいちゃんげんきー?」
「おばあちゃんげんきー?」

「おじいちゃん誕生日おめでとう!」
「おばあちゃん誕生日おめでとう!」

 

みたいな孫のコメントをワンタッチで送信して、それをテレビでほぼリアルタイムで見ることが出来ます。

 

テレビで見れるというのがポイントです。

 

基本的にインターネット、スマホなどのデジタル製品は拒否反応を示しますが、テレビだけは昔から相当なじんでいて安心感があるので当たり前のように見るんですね。

 

これは最高の親孝行になりますよね??

 

この商品が当サイトで紹介しているまごチャンネルという商品です。

 

まごチャンネルは、テレビに接続出来る簡単操作のデジタルフォトフレーム

 

この、まごチャンネルは、テレビの大画面で子どもの写真や動画を見れるので、テレビに接続できるデジタルフォトフレームのような製品はないのか?と探している人にも好評です。

 

テレビにスマホで撮影した写真や動画を映すのって、なんだか難しい設定が必要になるイメージがありますが全然そんなことはないです。

 

特に設定というほどのものは必要なく、まごチャンネル本体とテレビのHMDI端子を一本のコードで繋ぐだけです。本当にこれだけです。

 

パパさん、ママさんは、スマホで撮影した写真や動画を専用のアプリで送るだけなので、本当に面倒な設定はありません。

 

専用の無料アプリをダウンロードして、実家のまごチャンネルとを番号で紐づけるだけですので、
メカが苦手なママさんでも本当に簡単です。

 

まごチャンネルについてさらに詳しい説明は、下記ぺ―ジにて解説していますので参考にしてみてください。

 

まごチャンネルの設定・使い方、料金、解約方法、お得に買う方法などを完全網羅しています。

 

年配の方でも操作が簡単なデジタルフォトフレームランキング

高齢者にデジタルフォトフレームをプレゼントするならば、まごチャンネルがオススメということで紹介しましたが、料金面の問題もありますし、人それぞれ用途や状況も異なります。

 

ここでは、そのことも踏まえた上で、高齢者にオススメのデジタルフォトフレームを紹介していきます。

 

ただ、デジタルフォトフレームは、正直タブレットに押されていますので、それほど種類がないのが現状です。その中でもこれなら年配の方でも使えるというものを3つピックアップしました。

 

1位 Andoer 15.4インチ 1280 * 800 HD デジタル フォトフレーム
10,099円~

操作が簡単なので、ジジババ向けのプレゼントとして購入している人が多いです。

 

特徴は、大画面、人感センサー付き、操作が簡単という点です。

 

特に設定せずとも、人が近づくと自動再生されるますので、消費電力も抑えられますので、電気を気にする高齢者にもオススメです。

 

難しい設定は本当になく、年配の祖父母でも使うことの出来るデジタルフォトフレームで買ってよかったとの口コミもあります。

また、大画面の為、子供の顔が大きく見れるのが喜ばれます。

 

メモリーカード(SDカード)で写真を入れえるタイプですね。メモリーカードは付いていないので別途購入する必要があるのと定期的にSDカードを送ってあげないと更新は出来ません。

 

 

2位 SONY デジタルフォトフレーム WA700 DPF-WA700/B

29,800円~

先ほどの商品とは異なり、WiFi対応、メモリー内臓タイプです。Wi-Fi対応のデジタルフォトフレームは本体料金が一気に跳ね上がります。

 

実家にWi-Fiがあることが条件ですが、Wi-Fi接続の設定だけしてあげれば、両親側では特に難しい設定が不要なので実家で設定をしてあげられるならオススメです。

 

7インチと小さめですが、Wi-Fi対応のデジタルフォトフレームは少なく、その中で操作が簡単だったり、口コミも良いのが特徴です。

 

 

3位 GREEN HOUSE GH-DF7V-WH 7インチ デジタルフォトフレーム
5,680円~

SDカードを差し込むだけで画像が楽しめるということで人気の商品です。

画面は小さいですが、面倒な設定もなく、且つ安価なのが特徴です。

デジタルフォトフレームもそれなりに値段がしますので、まごチャンネルの詳細を見て検討してみるのも良いかもしれません。

 

まごチャンネルの口コミ を参考にしてみてください。